焼の羽矢志

本格的な割烹料理と選りすぐりの日本酒を岐阜市で

ミシュランを獲得した料理店で修行した経験のある店主が切り盛りする、駅から歩いて行ける岐阜市の割烹料理店です。店主自ら毎朝市場に出かけ、選りすぐられた食材を用いた日本料理と、日本各地の銘酒が織りなす美しいハーモニーは、県内外問わず多くのお客様からご好評をいただいております。大切な接待やデート、女子会でのご利用はもちろん、お一人様での贅沢な夜を静かに満喫するにも最適です。コース料理もありますので、お友達と昔話で盛り上がる時間をお楽しみください。

焼の羽矢志の特徴

素材の味にこだわった割烹料理のおもてなしを岐阜市で

日本料理は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。美しい四季ごとに色を変える豊かな自然の中で育った食材を使用し、自然を尊ぶ日本人の食の習わしを食文化として評価されたものです。海や山の多様で新鮮な食材を使用し、季節ごとの素材の味わいを活かす調理が特徴とされますので、日本料理は引き算の料理であると言われています。また、健康的な栄養バランスがとれているため、日々の健康の維持や肥満防止に役立っています。

お仕事が多忙でストレスの多い方に、料理人こだわりの一品で健康維持へのきっかけになれたら嬉しい限りです。香ばしい料理の匂いにほっと一息つける時間をご提供します。また、料理人が厳選した食材だけを使った日本料理は、味だけでなく盛り付けの美しさもこだわりの一つです。大切な人の記念日やお祝いの席で特別な時間を演出する一品をご提供できるように精進いたします。

日本酒とこだわりの割烹料理の共同演出を岐阜市の皆様へ

日本酒は日本が長い時間をかけて生み出した伝統ある文化の一つです。現在は政府が日本酒をユネスコの無形文化遺産登録に向けて提案する検討を重ねています。すでに日本料理は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録を果たしておりますので、これで日本酒が登録されれば食卓に2つの文化遺産が揃うことになります。日本酒は、美しい日本で育った米と米麹、水の3つを原料として発酵させたものです。日本各地に歴史ある酒蔵があり、薄暗い酒蔵は発酵する際に発生した香りで満たされています。

各地の一つひとつの銘柄に歴史があり、歴史の中には酒作りに関わった方の物語があります。その物語は歴史の教科書には載ることはありません。しかし、その味わいと香りから長い歴史に思いを馳せることはできます。一人の夜に落ち着いた店内でお猪口を傾け、料理人のこだわった日本料理と共に遠い時代に思いを馳せてみてください。